夜の寝かしつけのコツ: 11歳と4ヶ月の子供たちとの経験から学んだこと

こんにちは!

rey
rey

「一日一笑」「なんくるないさ」がモットーのreyです。

今回もお付き合いのほどよろしくお願いします。

子育ては決して簡単なものではありませんが、夜の寝かしつけは特に大変です。

この記事では、私が子供たちの寝かしつけについて学んだことを共有したいと思います。

寝かしつけについて

まず、寝る前のルーティンはとても大切です。

子供たちに安定した環境を提供することで、リラックスし、眠りにつきやすくなります。

私の家族では、夕食後にお風呂に入り、歯を磨くという流れにしています。

お風呂では、リラックスできる香りの入浴剤を使って、子供たちがリラックスできるようにしています。

11歳の娘の場合

11歳の娘の場合、寝る前に読書や瞑想をするように勧めています。

これにより、彼女の心が落ち着き、一日の緊張が解けることを助けています。

その後、彼女には寝室で寝る習慣をつけさせ、自立に繋げています。

4ヶ月の息子

一方、4ヶ月の息子には、ベビーベッドで寝かしつける際に特別な工夫が必要です。

赤ちゃんはまだ自分で寝付くことが難しいため、親が積極的にサポートすることが大切です。

私は、息子を抱っこして揺らし、歌を歌って彼を寝かしつけています。

また、近くで彼が寝付くまで様子を見守っています。

まとめ

子供の無料写真

寝かしつけの際には、子供たちの個性や年齢に応じて、異なるアプローチが必要です。

11歳の娘は自分で寝付くことができますが、4ヶ月の息子は親のサポートが不可欠です。

しかし、どちらの子供にも共通して言えるのは、リラックスした環境が寝かしつけにとって重要であるということです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

またね~(*'▽')

☆ご意見番☆彡
いつも、雑談ブログ「家族の日常」を読んでいただきありがとうございます! 気軽に感想などを寄せて頂ければと思います   記事についての感想や御意見等、気になる事でも大丈夫です! お気軽にあなたの御意見をお聞かせください。 御意見いただけると活...

アイキャッチ画像:Tú NguyễnによるPixabayからの画像

広告

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました