薬浴中の和金さん

こんにちは!

薬浴中の和金さんの近況です。

小さい虫かご水槽で、ご病気と闘っている和金さんは、時々頭を壁面にぶつけながら頑張っています。

気持ち、目が引っ込んだのと目の充血が少しマシになりました。やっぱり、小さいのと絶食が一番答えてるようです。

薬餌を早く買いに行かなくてはいけません。

薬浴中は、負担が増えるかなと思って悩んでるんですが、そんな事言っていたら助けれる命も助けれなくなりそうで怖い。

なんとか、変わらず元気でいてくれたらいいんです。

早く、病気が治ってくれるのを願って頑張ろう‼

またね!

久々のタニシ日記更新します★

こんにちは!

我が家にやってきたタニシたち。

気付いたら、繁殖を繰り返していました。そして、冬場は底砂に潜って過ごしてました。

初めにやってきたタニシは、二倍くらいの大きさになり1匹星になりました。

ですが、彼らの子供たちは、我が家にやってきたくらいの大きさになっています。

そんな中、和金の金魚が病気になり先日薬浴開始と共に、和金の方に入っていたタニシたちを琉金とドジョウが泳ぐ水槽へ移動してもらいました。

和金とタニシたちが暮らしていた水槽は、一度リセットに入ります。

こちらは、底砂をジャブジャブ洗い、入っていたモニュメントも洗いました。また、土壌用に買ったモニュメントが和金水槽に入っていたのでそちらも洗ってから琉金水槽に移動させました。

完全リセットは、本当は避けたかったので水替えを一日置きにして、塩を入れた塩浴をしていたのですがどうもよくならず…

鼻上げも多く、タニシたちも水面へ上がってきていたのもあり、決断しました。

早朝に行ったので、朝起きてきた娘が、和金の水槽が隔離用のちいさなものに変わっていて、水の色も青色。びっくりしてはりました~

和金さんは、鼻の頭が赤くなっていたので、どうやら何かの菌にやられたようです。少し前に、水草をムシャムシャほおばって和金水槽の水質維持を担っていた水草が根っこだけになっていたので、原因それかな?

虫かごを変更して水槽にしていたので、合う外掛けタイプがほぼなくて人工的なろ過装置は使用していなかったため、打撃を受けてしまいます。

和金さん、なんてことをしてくれてんだ!って話ですが、和金さんは食いしん坊。そんなことはお構いなしなのです。

仕方ないです。管理が苦手なろ過ボーイなどを使用して、水草も入れつつ頑張るしかないですね~

とりあえず、薬浴のために移ってもらいましたが、和金さんはどうやら落ち着いたようなので絶食で2~3日に一度薬浴中の水を入れ替えて様子を見ることにします。

ろ過ボーイ購入しなきゃいけないね…ついでに、薬餌の購入も検討します‼

琉金水槽に移動したタニシ達ですが、移す際に気になったことがあります。

また、ちびっ子が数匹誕生してたんです。塩浴していたので、気にはなってましたが全然へっちゃらのようなので、また成長が楽しみです♡

タニシさん、人工的なろ過装置が無い方が元気なようで和金水槽の方がしっかりと成長をしてくれてるんですよね~

なんでなんでしょう…謎めいています。

とりあえず、和金さんの回復を願いつつお引越ししたタニシさんと水槽リセットで一からになった、和金水槽ろ過なしを目指して頑張ってもらいましょう。

まあ、体力のない小さい子ではなく15センチくらいまで成長した和金さんなので、回復してくれるでしょう。

薬浴をしている様子をみてたら、えらはどうやら大丈夫そう…

薬浴前は、凄い鼻上げだったけど落ち着いてきたし。塩浴もしてたので、きいていたのかな?

まとめ

  • タニシさんたちは、お引越ししました。
  • 和金が病気になりました。

以上の点が、報告事項かな。頑張って、皆が快適に過ごしてもらうぞ!

フクロモモンガ

我が家のペット紹介です!!

我が家には、前回紹介した金魚以外にもフクロモモンガのクリリンちゃんがいます^^

女の子なのです

色はノーマルなんです~★

フクロモモンガが我が家にやってきたのは、2~3年前のペット博系のイベントに行った時に娘がフクロモモンガの目の前から離れなくなってしまったのがそもそもの始まりでした。

その場の流れで連れ帰ってきて、ケージから何から何まで一式揃えて育てはじめました。

初めは、右も左も何もわからなく手探り状態でしたが、ネットの力を借りたり、インスタグラムでフクロモモンガを飼育している方から助言を受けたり、フクロモモンガの飼い方の本を読んだりして勉強しました。

娘がお世話をする!と約束していましたが、初めだけでだんだんお世話をしなくなり、クリリンから怖がられる存在になっていきました。

娘は、時々お世話をするんですが声も大きいし余計に怖いんだと思います。

ですが、一年生に上がってから二人の関係は少し変わり、クリリンが娘の胸元で寝てくれるようになりました。

そうそう~何故名前が某アニメキャラを思わせ、女の子なのにクリリンかなのですが・・・

我が家にきて間もないころに、名前の会議を娘としたところ、おめめがクリクリっとしているからクリリン!!って決めてくれたんです。

友達に紹介したりした時に、なんでクリリン?女の子なのに~とも言われますが、理由を説明するとなるほど~って言ってもらえます^^

相方さんは、来た頃(6ヶ月位)は遊んでくれていましたが、成長して爪も力も増してからは、クリリンが皮膚を踏み込んだ時に爪が食い込むので遊んでくれなくなりました。

つぶらな瞳で可愛いんですけどね~wwww

クリリンの食べてるものは、季節のフルーツとドライフードです。

ミルワームは缶詰しかあげたことないです。

コオロギは、いつもほおりなげて見向きもしないです。

姉のわんこのドライフード等もあげています。

あとは、キャットフードもあげています。

小動物用のドライ納豆等を利用しながらですが・・・

おやつは、ペット用のかにかまが大好きでよく食べています。

ひまわりの種も好きですが、あまり体には良くないみたいで一日1~2個を目安に~と聞いたのもあり、あげるのをやめました。

クリリンは時々、大きな声で鳴きます。

発情期の時は、連日鳴くので声をかけたりなでなでタイムをしたりしています。

名前を呼んだら来てくれるようにはなりました^^

手の中でも寝てくれます

時々、寂しい時に鳴いて呼ばれますが話しかけたり撫でてあげると落ち着いてくれます。

旅行やばあちゃんちへの帰省時は、一緒に行けないことが多いので相方さんにモモンガと金魚たちのお世話をお願いします。

相方さんは、いつも私と娘でにぎやかな家でのんびり過ごしたり、ご飯がないので家に帰ったりしてるみたいですww

帰ってくると、クリリンは少しすねた感じになってます

何日間かは、鳴いて何回も呼ばれるんですけどね~またそれも可愛いんですが

でわこのへんで~

金魚

娘が2歳か3歳位の時に行った、ペット博系のイベントで高級金魚すくいを姉にさせてもらい、一匹もすくえなかったけど2匹もらえるので娘が意地でも連れて帰る!!と言い張り、我が家にやってきました。

もちろん、水槽なんかなかったし引っ越ししてようやく落ち着いてきた頃でしたので、すぐさま水槽を買って帰りセットしました。

琉金と黒の出目金

一週間位は様子を特に注意しなくてはいけません。

移動疲れ等で元々弱っている個体もあり、突然死の可能性もあるからです。

様子を見て2~3日目。

昨日までは元気だった出目金の様子がおかしいです。

調べたりしましたがわかりません。

結局、その日仕事から帰ると亡くなっていました。

娘は大泣き・・・私も悲しかったです( ノД`)シクシク…

琉金には長生きしてもらわなくっちゃ!!

それからしばらくして、家の近所にある神社でお祭りがあった際に金魚すくいをしてまた我が家に金魚がやってきました。

よくいる金魚 和金2匹

琉金と同じ水槽に入れて暫くすると、琉金と同じサイズ位にすくすくと成長した和金達が琉金をつついています

琉金のきれいな鰭がボロボロになってしまいました。

出目金みたいに死んでほしくないので、弱ってきていた琉金以外(和金)を虫取り籠サイズのプラケースに入れ、水槽の水を半分入れ替え薬浴させることにしました。

青色になる薬です。

新しく水槽を立ち上げ、和金達をそちらに移しました。

琉金の水槽は、塩浴+薬浴をし全ての水を入れ替え、弱ってきていた琉金も元気を取り戻しました。

和金はそのまま1年仲良く泳いでいましたが、1匹をいじめはじめて亡くなり水槽一つに1匹ずつになりました。

そのまま月日は流れ、お掃除の貝や土壌を彼らは食べ

私のひとさし指位の大きさでおさまっています。

冬場は、1週間に1度,夏場は2~3日に1度ご飯です。

今思えば、琉金は4~5年も我が家で過ごしているなんてすごいなぁ~^^

これからも、長生きしてね