初めてのEMS発送

今更ですが、姉がオーストラリアへ語学留学に旅立って行きました。

たった二人の姉妹。

小さい頃は姉が何でも教えてくれ、いつも姉の後をストーカーして何でも真似ていました。

親が共働きなので、お留守番もいつも二人でした。

階段の上り下りも姉に教えてもらい、よく階段から転げ落ちて顔面が内出血して青白くなっていたそうですww

公園に行けば姉の後をつけまわし、滑り台から転げ落ちて母は大変だったそうです。記憶ないですが・・・

ピアノを一緒に習っていたそうですが、姉の練習曲を同じように弾き、間違える所も一緒だったそうです。

ピアノの先生には、自分の練習曲を練習せずに姉の真似事ばかりだったので、よく怒られていました。

美人なのは好きだったけど、ヒステリー気味だったのでピアノの陰に隠れたりして逃げていました。お陰で、ピアノ教室に行けばいつも怒られるのでピアノがあまり好きにはなれませんでしたけど・・・

習わせてくれた母さんには申し訳ない

いい事も悪い事も、姉から教えてもらいました。

悪い事と言えば、中学生の時に学校をサボる事を教えてもらいました。

そんな姉は、私と違い努力家。

勉強も頑張って、私とは真逆の道を歩んで行きました。

姉が高校生の時に、修学旅行でオーストラリアに行ってから、大学でも留学したりして海外が大好きになって行きました。

姉がそんな事をしていた時、私は大学で一人暮らしを始めた姉が居なくなった家に帰りたくなくて家出や親が寝静まってから帰るみたいな生活してました。

今となっては思い出話で笑える事もあります。

昔話はこの辺で、本題です。

要約すると、姉がすぐに会える所にいないと寂しいし、不安なんですよねぇ~

俗に言うシスコンってやつですwwwwwww

姉がオーストラリアに行って、ホームステイ先に着いてからはほぼ毎日lineで連絡を取っています。

まぁ~初日から、お怒りのline電話が鳴り響いて少しイラっとしましたがww

荷造りも一人でできない~!!って私がほぼお手伝いしたので、あれがないこれがない!!って電話で;;

じゃあ、自分で全部詰めてー!!ってなりましたけど

仕方ないので、前回の姉の留学時に挑戦して断念したEMSをやってみることに!

ひとしきり必要な物をかき集めて、買い出しにも行き段ボールも無地のを買いました。

服は、圧縮袋に詰めて何とか荷造りを済ませた所で、書類が無いことに気づきました。

ですが、発送予定は翌日。仕方ないので書類以外を発送することにしました。

荷物の種類別は、雑品衣類など、大まかなので大丈夫!って留学の手引きに書いていたのでそのとうりにしました。

オーストラリアなのと初めてなので、食材は入れませんでした。

近くの郵便局に行き、EMSで~と伝え英語で住所も書き発送しました。

やり切った感満載だったけど、本人の物なのに郵便局で贈り物にチェック入れられたので、不安になり電話・・・

英語記載が慣れていないと大変だし、荷物の重さを測らないといけないし、国によっても送れる物の確認は必要だけどその辺を除けば普通の国内便と同じだった!

海外に発送は、色々あるけど期間が短くて配送状況確認も出来るEMSはおススメ!

発送する側も、受け取る側も安心だしね!!

じゃね~