億男

佐藤健主演の「億男」Review


あらすじ

失踪した兄が残した借金の返済に追われ、妻子に見捨てられた図書館司書の一男(佐藤健)は、ある日突然宝くじで3億円が当たる。狂喜するも高額当選者たちが悲惨な人生を送っているという記事を読み不安になった彼は、億万長者になった大学時代の親友の九十九(高橋一生)に相談する。久々の再会に浮かれ酔いつぶれた一男が目覚めると、3億円と共に九十九の姿も消えていた。引用シネマトゥデイ


アンケートモニター登録
主人公の一男が幸せとは何か、自分に問いかけながら九十九を探していくんですが……

借金を返済しさえすれば、妻子は自分の元に帰って来てくれると信じて疑わなかった一男。娘との定期交流中にガラガラくじで、宝くじを当てるというそんなばかなぁ~って見てて思ったんですが、一男的にはハズレなんですよね。景品の自転車を狙ってたから

最初は、なんで砂漠?って思うけど、九十九と一緒に行ってその時に九十九はお金を手にしていたけど、幸せそうじゃなかったことに気付いていくんですよね

話が進んでいく中で、自分が借金を抱えた時に妻を頼って一緒に頑張るという選択をしていたら違う未来が待っていたかもしれない。お金があったからといって買えないものの大切さを実感していくんですよね。

お金は、言わば印刷物。そういう意味では、ポストに入るチラシと変わんないんですよね。けれど、付加価値が凄いですよね。魅力的ですよね。

お金に目がくらんで本当に大切な物を見失う事や、幸せが分からなくなる事が多いですよね。この映画は、そこをついてきて考えさせられますね。

借金が原因で妻が娘と一男の前からいなくなったわけでは無いこと。お金が戻ってきても、幸せはお金とは全く別の所にあった事。そういった事に気付いていくんですよね。

お金を持つことによって人格までも変わってしまった人々をみて、自分以外の他者を見下しバカにする。それがとても醜い事。幸せも買えてしまうという人。

監督は映画を見た人にも問いかけてるなって感じました。

あなたは、お金の為に今まで築き上げたものを簡単に捨てれますか?

あなたは、お金があれば幸せですか?

あなたにとってお金ってなんですか?

何だか昔やった、”お金と愛どっちが大事?”ってのみたいとも思ったり。それが、全てかなとも思ったり。

私はその質問で毎回愛って言ってたけど・・・・

何にでも愛が無ければ意味ないって思ってたからね~

それをしっかりと相手に伝えることも忘れてはいけないとっても大事な事だと思うけどね。